日報ぶりゅり

普通の人間たちが書く日報?。~日替わり筆者で気分転換いい気分~

好きなもの食べ物〜鈴木さんが好きなことはススキとキス(魚)のキス(接吻)を見るという数奇なことです〜

皆さんこんにちはこんばんはコウキです。

 

皆さんには好きな食べ物はありますか?今回は、私が好きな食べ物を紹介していきたいと思います。

f:id:Bu-ryuri:20200526201728p:image

それでは早速紹介していきます。

 

ですが、ただ紹介するだけでは面白くないので、これから私が好きな食べ物を3つ紹介します。そして、私が一番好きな食べ物を当ててみてください。

 

まず、1つ目はパイナップルです。

理由は、めっちゃ美味しいからです。

f:id:Bu-ryuri:20200526202817j:image

2つ目は苺です。

理由は美味しいからです。

果肉にはプロビタミンA化合物の一種であるβ-クリプトキサンチンが他の柑橘に比べて非常に多く含まれている。これには強力な発ガン抑制効果があるとの報告が果樹試験場(現・果樹研究所)・京都府医大などの共同研究グループによってなされ、近年注目されている[26]。[出典無効]

オレンジ色の色素であるβ-クリプトキサンチンなどのカロテノイドは脂肪につくため、ミカンを大量に食べると皮膚が黄色くなる。これを柑皮症という。柑皮症の症状は一時的なもので、健康に悪影響はない。その他にもクエン酸、食物繊維などが多く含まれる。白い筋にはヘスペリジンが含まれ、動脈硬化コレステロール血症に効果があるとされている[27]。

3つ目はミカンです。

理由は、

「みかん」は蜜のように甘い柑橘の意で、漢字では「蜜柑」「蜜橘」「樒柑」などと表記された。

史料上「蜜柑」という言葉の初出は、室町時代の1418年(応永26年)に記された伏見宮貞成親王後崇光院)の日記『看聞日記』で、室町殿(足利義持)や仙洞(後小松上皇)へ「蜜柑」(キシュウミカンと考えられる)が贈られている。1540年頃と年次が推定される、伊予国大三島大山祇神社大祝三島氏が献上した果物に対する領主河野通直の礼状が2通が残されているが、一通には「みつかん」、もう一通には「みかん」と記されており、「みつかん」から「みかん」への発音の過渡期と考えられている。

江戸時代には甘い柑橘類の種類も増え、「橘」と書いて「みかん」を意味するケースや、柑子(コウジ)の甘いものを蜜柑(みつかん)と呼ぶケース、「柑類」で「みかん類」を意味するケースなど、名称に混乱が見られるようになった。(Wikipedia参照)

何故そのみかんが好きかというと、

果肉にはプロビタミンA化合物の一種であるβ-クリプトキサンチンが他の柑橘に比べて非常に多く含まれている。これには強力な発ガン抑制効果があるとの報告が果樹試験場(現・果樹研究所)・京都府医大などの共同研究グループによってなされ、近年注目されている。

オレンジ色の色素であるβ-クリプトキサンチンなどのカロテノイドは脂肪につくため、ミカンを大量に食べると皮膚が黄色くなる。これを柑皮症という。柑皮症の症状は一時的なもので、健康に悪影響はない。その他にもクエン酸、食物繊維などが多く含まれる。白い筋にはヘスペリジンが含まれ、動脈硬化コレステロール血症に効果があるとされている(Wikipedia参照)

からです。

f:id:Bu-ryuri:20200526202916j:image

 

好きな食べものをこれまで3つ紹介してきましたが、

紹介した食べ物のに皆さんの好きな物はありますか?

臥薪嘗胆の品種改良の末、年々美味しくなりました。

好きな食べ物を皆さんも紹介してみては如何ですか?

気づけましたか私の好きなものに?

 

 

まとめ

僕が一番すきな食べ物は、

寿司です。(3つの中から選ぶとは言ってない‥)

皆さん、わかりましたか?

 

排泄者コウキ

 

すし図鑑

すし図鑑

 

 

分からなかった人向け

f:id:Bu-ryuri:20200526204357j:image